« 葉酸って大事なんだね〜 | メイン | エリアル読本発売間近! »

2004/07/21 01:18
気になるニュース
By yamaj

宗教と戦争

これ系の話題取り上げるのってすごく怖いんですけどね…。
宗教関係の話をかいてますので、強い信仰のある方などは読むのをご遠慮ください。

まずは、怖いニュースから。

ザルカウィ容疑者が自衛隊撤退要求、対日テロも予告

自衛隊を撤退させないと、日本もアメリカのようになるぞ。っていう脅しですねぇ…。
戦争を知らず、生ぬるい生活をしている俺にとってはあまりピンと来ない話なのですが、まぁ、実際に起こらないとその怖さは実感できないような気もします。

さて、今の国際的な動きの中で、結構な国がイラクへ派兵している訳ですが、治安維持活動の他に復興支援事業として行っている人も大勢いると思います。
まぁ、もちろん利権関係もあるからなんでしょうけどね。

でも、復興支援してるのに「出て行け」って言われる訳なんですけど…。
これら一連のニュースを見ていてふと思ったことがあるんですよ。
まぁ、いろんなしがらみで実現は不可能だと分かってるんですけど。
案外簡単に武装テロ組織に肩身の狭い思いをさせる事が出来るんじゃないですかねぇ…。

何をすればそうなるか…。
ずばり「全軍撤退」です。

「いあぁ〜。うちらはあんたらを助けたいと思ってるんだよ。
 思ってるんだけど、あんたらの仲間が出て行けって言うんだからしょーなないじゃないか。
 なに?人は要らないから金をよこせ?
 そんなもん、何に使うかわからんのに出せるかよ。」

ってね(爆)

まぁ、せいぜい肩身が狭くなる程度で、組織が無くなったりはしないんでしょうけど。
って、それじゃあ意味ないのか(爆)

えー、ここからは無神論者の暴言とおとり下さって結構です。
無神論者というより、非一神論者という方が正しいのかな。
宗教関係のごにょごにょはお断りいたします。

元々この戦争って、宗教戦争以外のナニモノでも無いと思うんですよね。
確か、01年9月11日の同時多発テロ直後、どっかの某大統領が「十字軍」を口走った事がありましたよね。
まぁ福音派や原理主義者に担がれたような大統領ですしねぇ…。
いあ、別にその人がどんな宗教思想を持っててもいいんですけど、それを政治に持ち込むのってどうなのかなぁ…。

今活発に活動しているテロ組織だって、異教徒が群をなして自分の土地にいるのが気に入らない訳じゃないですか。
まぁ、それ以外にも言い分は多々あるでしょうけど。
少なくとも自爆テロなんかは神の威光の下に異教徒を排除しようとしてる訳ですからね。

とりあえず、俺としてはそれぞれの宗教に文句を言うつもりは全くありません。
ただ、それを運用する人間がトラならぬ神の威を借る狐である事がムカつくだけです。

なんとなく、純粋であった神の存在が、一部では政治家と市民のような勘違いが起こってるんじゃないかな〜。なんて思ったりもするんですよね。
「神様が何とかしてくれる。」ってね。

ま、ここからは俺の思想なんですけど。
神様が「実在」したとして、その神が人間に対して影響力を持った場合、それは政治家と市民の関係と同様であり、神はかならず間違いを犯すと思います。
ちなみに、一人を助ければ助けない人に対して不公平という間違いですからね。
逆に全員助けていれば、世の中に病気や事故なんてのは無いわけで…。
間違いを犯さない神は、人間に対して干渉しない神であり、故にその存在は無であると思うんです。

あ、死後の世界については、それぞれの宗教にお任せしますが。

まぁ、戦争は経済活動と思想対立によって起きるんだろうと思いますが、冷戦時代の終結以降、宗教的な戦争が増えてる気がしてなりません。

人の思想を他人が理解するのはとても難しい事ですが、宗教対立の戦争に他宗教や無神論者を巻き込んで欲しくはないものです。

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.exec.to/mt/mt-tb.cgi/74
(クリックすると、クリップボードにコピーするかもしれません)
コメント
コメントしてください




保存しますか?