« エリアル読本発売間近! | メイン | 子供の名前、何にしよう…(3) »

2004/07/23 12:17
気になるニュース
By yamaj

にがり、ダメなのかぁ〜

もげきゃっち: にがり、ダメだってさ…を見て、初めてにがりがあまり良くないって知りましたよ(^−^;
うちにもありますもん。にがり。

さて、ろぷさんの記事にあったリンクMSN-Mainichi INTERACTIVE 医療に、「ペットボトル半分近くを一気に飲み、心停止寸前で搬送された。」って書いてありますが、勝手な予想(特に医療関係の知識があるわけではないので…)だと、塩分過多による心不全が原因ですかねぇ〜。
ペットボトル半分近くというと、まぁ200〜250cc程度だと思うのですが、にがりってどれくらいの塩分を含んでるんでしょう…。
てな訳で、各社サイトでにがりの成分表を探し回ってみました。

結果。
100ml中の塩化ナトリウム量は、大体4〜14gですかね。
結構商品によって違うんですね。

塩分の摂取量の目安は、1日に10g以下が良いとされているようです。
例えば、心停止寸前で運ばれた女性が塩化ナトリウムの含有量7gのにがりを250ml飲んだとすると、実に17.5g。
確か記憶では、塩小さじ1が5g(体積=質量?)だったと思うので、大さじ小盛り1杯の塩を一気に口にするのと同じって事になりますよね。
あと、ろぷさんのところのコメントでめたかさんが『「塩化マグネシウム」って塩分の一種です。』って書いてましたので…。
こっちは、100ml中に4〜8g含まれているみたいなので、更に足してみると…。
確実に「大さじ山盛り1杯」の塩を一気食いって感じですか(^-^;
塩化ナトリウム、塩化マグネシウムの最低値で考えても、大さじすりきり1杯は確実に越してる訳ですね。

あ、今みつけたんですけど、「ナトリウム量=食塩量」じゃないんだそうです。(って常識??)
ナトリウム量から食塩相当量への変換式は「ナトリウム量(g)×2.54」という事らしいので…。
上の17.5gに2.54を掛けて…44.45g…。
大さじすりきり3杯ですか(汗)
そりゃ死にますって…。

という訳で、にがりを250cc一気飲みされる方は、ご家庭のはかりで44.45gの塩を計って見てからやってください(爆)

ちなみに、塩化マグネシウムは豆腐を固める作用があるんですが、その凝固作用が強すぎて、長期的に摂取すると腎臓が固まっちゃうんだそうです。
じゃあ、豆腐はどうなのかというと…。
既に凝固作用使い果たしてるから問題なし。って事らしいです。

それにしても、塩化マグネシウムって、国の公式の安全性再確認試験ではCLEARY SHOWS(鮮やかに示された)と異例の明確な用語で高い安全性が確認されたらしいんですけど。
はてさて。


ところで、ご飯を炊くときににがりを入れるとふっくらおいしく炊けるって話を聞いたことがあるんですけど。
ま、うちでもたまに入れてるんですけどね。
確かに、ごはんがべたべたせずつやのあるご飯が炊けるような気がします。

ところが、にがりを入れると水の硬度が上がるらしいんですね。
「軟水」が「硬水」に変わる。って事です。
元々日本の水は大抵は「軟水」です。
そして、ご飯を炊くには「軟水」が良いとされています。
これは、硬水に含まれるミネラル分が食物繊維を硬化させる働きがあるためにご飯がぱさついてしまう為なんですが。

でも、「ごはんがふっくらつやつや炊ける」っていうウリ文句もちらほら。
さてどっちが正しいんでしょう。
知っている方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。

ちなみに、戦時中の戦闘機(ジュラルミン)は「にがり」で作られたそうです(笑)

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.exec.to/mt/mt-tb.cgi/76
(クリックすると、クリップボードにコピーするかもしれません)
コメント

ひやぁ… 塩に換算するととっても凄いですよねぇ。
しかもにがりって液体だから塩とはくらべ物にならないくらいの速さで吸収されるんでしょうね。

…ってそう考えたらますます無茶はいけませんよね。

ちなみにお米に関してはウチの母に聞いたところ、「とにかくふっくら炊けるんじゃ!」と主張しておりました。
(疑う息子)

» 投稿者 ろぷ : 2004年07月23日 06:29

あたし にがり買おうと思った矢先の出来事でございました・・・・。
あ〜あ 残念っ!!(>_<)

» 投稿者 みゅう : 2004年07月23日 09:47

時代は豆乳らしいですねぇ〜(笑)
まぁ、にがりも少量であれば、必要なミネラルを摂取できるようなので「悪者」って訳じゃあないと思うんですけどね。
繊維質のモノと一緒に加熱するような使い方をすると、さらに危険度が下がると思うし。

今度時間があったら炊き比べしてみます(笑)

» 投稿者 yamaj : 2004年07月25日 11:54

あまりにも気になるので、水の硬度について調べてみました(笑)
これで記事1件書けそうだけど…
もしネタ切れしたら、これをそのまま記事にしちゃいます(爆)

まず、今俺が住んでいる岩手県の水質ですが、硬度に関しては28です。(水道局のデータを使用)
今うちで使っているにがりの硬度は1605.25(成分表を使用)

3合のご飯を炊く場合、水の量は大体600cc。
ここに、1ccのにがりを入れたとします。

そうすると(計算が間違っていなければ)硬度30.7の水が出来上がる筈ですね。

ちなみに、大阪の水質調査データによると、硬度45なので、岩手水+にがり1ccより、大阪水の方が硬度が高いことになります。

ミネラルウオーターなんかは、硬度が1500とかなので、それに比べたら十分軟水なんですね。

ってことは、にがりを入れても繊維質硬化に関してはほとんど問題にならないという事になると思われます。

じゃあ、何が違うんだろ…。

» 投稿者 yamaj : 2004年07月26日 11:31
コメントしてください




保存しますか?