« 2004年09月 | メイン | 2004年11月 »

2004年10月30日

またまた出張です。

今回も金沢出張です。

地震の影響で新潟ルートは使えないので、米原経由の迂回ルートで1日かけて移動してきました。

家を出たのは9時頃、どうも準備が遅くて、チビすけを置いてカミサマに駅まで送ってもらいました(^−^;

指定券はえきねっとで予約してたから良かったのですが…。
券売機で指定券を買って、さて、乗車券を…と思ったら…。
米原までの乗車券は買えるのですが、金沢までの通しの乗車券って券売機では買えないんですね。

新幹線の発車まであと10分…。
まどぐちには8人の先客…。

まぁ、とりあえず並ばない事には乗車券買えないので並ぶことに。

ま、買えたから今金沢にいるんですけどね(笑)
朝ごはん食べてきてなかったのですが、買う時間も無く1分くらい前に乗り込みました。

前日、チビすけがぐずりまくりで睡眠時間が短かったので、寝ている間にあっという間に上野に着いちゃいました。

え?何故上野かって…?
実は、ちょいと秋葉に寄ろうと思って、1時間ほど乗り継ぎ時間を空けてたんですよ。
ちょいとメモリが欲しかったので…。

ま、それは置いといて無事東京駅に着いたので、ブランチに紅鮭寿司を買って新幹線に乗り込みました。

そうそう。
ふと思ったんですけど、新幹線に乗ってると携帯のバッテリー減りやすくないですか?
まぁ、トンネルとかで電波が届かなかったりすると、携帯自身がパワーを上げるのでバッテリーの消費量が多いとは思うんですけど、それにしても持ちが悪い気がします。

米原までも半分は寝てましたけど(笑)

で、米原到着。
米原での乗り換え時間は8分だった上に米原の駅に降りたこと無かったので少し不安だったのですが、一度荷物を置いてコーヒー買いに行く余裕もあったので良かったですけど。
この時点で3時50分。秋葉原での1時間を差し引いても6時間近くかかってるんですね。
新潟経由であればもう着いている時間なんですけど。

ここからは、特急はくたかで金沢へ向かいます。
はい、ここでも半分以上寝てました(笑)
本とか持ってくれば読んだんでしょうけど、時間無くて買えなかったんですよね〜。

そうそう。
久々に駅弁を買いました。
「かにめし」です。
実は駅弁ってあまり好きじゃないんですけど、これはうまかったですよ〜。

2時間弱で金沢に到着しました。

タクシーの運ちゃんがホテルの場所迷ったのを除いては大体順調な旅程でしたね〜。
結局ホテルに着いたのが7時少し前くらいでした。

出発から10時間。
長かったですが、まぁ半分くらい寝てましたし、飯もうまかったのでよしとしましょう(笑)

結局今日は何を書きたかったのかわからないですね(^−^;

ま、無事現地に着いたという事で。

2004年10月28日
2004/10/28 10:27
「CoDoMo」
By yamaj
コメント (0) | トラックバック (0)

ハイローチェア

一昨日、ベビーカーを買ったばかりなのですが…。

土曜日にネットで注文したハイローチェアが今日届きました。

届いた品は、アップリカの「ソノバdeターンサーモ439 デイリーイエロー」です。

ハイローチェアっていうのは、高さ調整のできる椅子って事になるんですけど、小さい頃はリクライニング機能でフラットにして赤ちゃんを寝かせておく事ができます。

これを選んだ理由は、まず、足カバーが付いている事。
足カバーっていうのは、元々ハイローチェア自体が名前の通り椅子なので、前面は足を出すための空間がぽっかり開いているのですが、最大リクライニングにして乳児を寝かせておくばあい、この穴から落ちる危険性があって怖いですよね。
この穴にカバーをして落下を防ぐのが足カバーです。
安いやつだとそういうのが付いてないんですよね。

で、つぎの理由がスウィング付きという事。
まぁ、大体のハイローチェアにはスウィング機能(揺らす機能ですね)が付いているのですが、例えば子供が遊ぶ木馬やロッキングチェアみたいに足が湾曲していて揺れるタイプと、土台と架台の間にスウィング機構が入ったものと2種類あります。
前著だと、キャスターとか付いていないので移動が不便ですよね。
なので、後著の方を探していました。

そして、この商品の名前にもなっている「ソノバdeターン」。
ま、簡単に言うと、一般的に売られているハイローチェアのタイヤ部分は、ベビーカーなどと一緒で大型の車輪が付いているタイプがほとんどで、方向が前後に固定された車輪であったり、方向が自由な車輪であっても、前だけしか動かないタイプばかりですが、これが4輪全てキャスタータイプになっていて小回りがきくようになっています。
まぁ、それだけっちゃそれだけなんですけど。

あとは、背中が蒸れにくい構造になっていたり、熱を逃がす構造になっている「サーモメディカルシステム」なんていう仰々しい名前の機能もついてますし。

あと、やっぱり最後は値段ですか(笑)

届いてから早速開梱してチビすけをのせてみましたが、なんか大人しく寝ていたので案外お気に入りなのかもしれません(笑)
ただ、最近色々買い物しすぎて、狭いアパートがさらに狭くなった気がしますけど(^−^;

使ってみた感想は…。
手で揺らすタイプは全部そうだと思うのですが、揺らすためにはずっと押してやらないとダメでした。
ちょんと押したら少しはゆらゆらしててくれるのかなぁ〜と思ったのですが…。
あと、ちょっとつくりがちゃちぃかも。
重量自体は軽くて、チビすけを乗せたままで二人で足をもって運んだ時もたいして気にならない重さでしたけどね。
高さ調節ができるのはいいですね〜。
床に近いところにおいておくとどうしても冷気が通る場合があるのですが、少し高い位置にあると、温度変化少なそうです。

さて、これで大体チビすけ用品は揃いましたかね。

あとは、順調に育ってくれることを祈るのみです。

2004年10月27日
2004/10/27 04:58
「気になるニュース」
By yamaj
コメント (0) | トラックバック (0)

PSPの価格が決まったようですね

出張などの移動には、電子機器ではなく小説を持ち歩く方なのですが…。

NINTENDO DSの値段が発表されてから1ヶ月とちょっと経ちましたが、とうとう対抗機(?)のPSP(プレイステーションポータブル)の価格と発売日が決定したようです。

PlayStation.jp | プレスリリース

俺的には「ニッキュッパ」くらいで出してくるのかと思ってましたけど、「イチキュッパ」できましたね〜。
結構頑張りましたね。SCEIさん。
まぁ、29,800円だとNINTENDO DS(以下DS)の値段の2倍ですから、価格差で見劣りするのは確かですけどね。

それでも、DSは単なるゲーム機に特化した機械なのに対して、PSPはマルチメディア機としての色も結構濃いので、そんな値段で対抗していいのかなぁ?って気がしないでもないですけど。
まぁ、ユーザにとってみれば安いに越したことはないんですけどね。

NINTENDO嫌いの俺にとっては、PSPは「買ってもいいかな〜」と思える携帯ゲーム機ではあるんですが。
しかも、2万くらいであれば、買えない値段じゃないですしね。
あとは、コンテンツ次第というところでしょうか。

それにしても、もう少し頑張って、税込み2万だったらよかったなぁ〜。

あ、でも、初期ロットはちょっと控えたいですよね(^−^;
PS1もPS2も色々問題ありましたしねぇ〜。

ってことで、買うのはもう少し後って事で。

2004年10月26日
2004/10/26 11:30
「CoDoMo」
By yamaj
コメント (1) | トラックバック (1)

ベビーカー

今日は、家の関係で会社を休んだのですが…。
用事が終わってから、チビすけを病院に連れて行き、市役所の用事を終えて、盛岡のイオンショッピングセンターに行ってまいりました。

そこでマザーズバッグとかを探していたのですが、ベビーカーが結構安かったので思わず買ってきてしまいました。

実は、昨日ネットでベビーカーを注文しようかどうか悩んでいて、とりあえず今日まで保留にして今晩注文しようか、って話になってたんです。

その時に買おうと狙っていたベビーカーは「アップリカ ネルッコベッド両対面 アイtoアイサーモフルマモール639」というもので、両対面のAB型ベビーカーです。

えと、両対面のAB型って、どういう事かというと…。

普通ベビーカーって赤ちゃんを乗せて押すと、赤ちゃんは進行方向を向くことになりますよね?
これを、赤ちゃんを見ながら押せる方向に切り替えることが出来る機構のついたものが両対面って事になります。
押して歩くバーが前後に倒れてロックできるようになってて、前向き、後ろ向き両方に切り替わるので、赤ちゃんが小さいときは顔を見ながら押して歩き、いろんなものに興味を示す歳になったら前向きに押して歩くってことが出来るんですね〜。

そして、AB型ってのは、A型とB型のベビーカーの特徴を併せ持ったもの、ってことです。
A型というのは、2ヶ月から乗せて歩くことができるのですが、構造が複雑になるために重量が重くなるという特徴があります。
逆にB型は軽いのですが、7ヶ月からしか使えないという特徴があります。
両方の特徴を併せ持ったAB型は、2ヶ月から使用できる割には軽量化が図られているというものです。

しかしこの両対面のAB型って、結構高いんですよねぇ〜。
たとえば買おうと思っていたアップリカのベビーカーは、定価が63,900円(税抜き)です。
それで、ネットで検索して安いところを探していたのですが、一番安くても送料含めて22,000円だったんですよね。
コレは安い!って事で買う予定してたんですが…。
とりあえず、実際にどんなものか見たいよね、ってことで、ベビーカー売り場にいったんですね。

そしたら、なんと、この「アップリカ ネルッコベッド両対面 アイtoアイサーモフルマモール639」が15,000円で出てるんですよ。

え、なにこれ、安いやん。ってカミサマが言い出しまして。
近くにあったアップリカのカタログ(家にも同じものがあります)と見比べて、確認の為にJANコードまで照合して同じものである事を確認しました。
普通の店、それも量販店以外のショッピングセンターでネットより安い価格で出てるなんて滅多にないですよねぇ〜。
しかもネット価格の3割引、定価の77%引きですもんねぇ〜。

で、ふと横を見ると…。
何故か639より定価の高い「アップリカ ネルッコベッド両対面 アイtoアイ サーモMフルマモール 739 フルマモール」も15,000円…。
こちらは定価73,900円です…ってあれ?
後ろについてる639とか739って定価ですか(^−^;

ま、とりあえず、高い方も同じ値段だったら高い方がいいだろうってことで、739の方にしようって事にしたのですが、さすがにそうおいしい話はなく、結局展示品限りってことだったらしいです。
639の方は残り1個あったらしいんですけどね。
まぁ、どうせ展示品といっても傷もなかったですし、ほこりが溜まってるようでもなかったので、その展示品を買ってきました。

ちなみに、他のベビーカーのところに「展示品につき10%OFF」って張り紙があったのでイオンなのに値切り交渉などしてみたのですが…。
敢え無く撃沈しました(爆)

あ、でも、ドラゴンズ応援セール期間中で5%引きになりました。
プロ野球にはあまり興味はないのですが、ありがとう中日ドラゴンズ、です(笑)
優勝はできなかったみたいですけどね…。

さて、あなたなら在庫品の639と展示品の739、どちらを買われますか?

2004年10月25日
2004/10/25 11:02
「CoDoMo」
By yamaj
コメント (2) | トラックバック (0)

でべそ??

うちのチビすけの生後1ヶ月くらいまでは、風呂上りにおへそに綿棒をつっこんで掃除してたんですが…。

1ヶ月検診を過ぎたあたりに、じゅくじゅくとか、黄色い汁が付かなかったら掃除しなくていいらしいという事で余り気にして見たりしてなかったんですね。
そしたら、なんか最近おへそがさらに出っ張ってきたような気がするんです。
掃除してた頃は穴のようになっていたものが、綿棒をつっこもうとしてもふさがったのかせり出してきたのか、入らなくなったのですよね。

まぁ、元々でべそかなぁ〜?って言われてはいたんですけど。

そんな訳で、とりあえず大丈夫なのかどうか、ネットで調べてみました。

どうやら、この症状は「臍ヘルニア」と言われるものらしいですね。
まぁ、診断を受けた訳ではなく、勝手な判断なので本当の所は分からないのですが…。

でべそには、大別して2種類があるそうです。
一つは臍帯の名残であった結合組織や皮下脂肪が普通より多いためにおへそが飛び出している「臍突出症」。
もう一つがお腹の中の脂肪や腸管が袋に入ったまま押し出される「臍ヘルニア」です。

押すと「ずぶずぶ」ってな感じの手触りがして押してもチビすけは何の反応も示さないのですが、臍ヘルニアの場合は大体そんなもんなんだそうです。

そういえばヘルニアって良く聞きますけど、どういう事なんでしょう。
という事で、言葉の意味はgoo辞書に聞いてみます。

goo辞書:ヘルニア

内臓がはみ出した状態って事のようですね。

元々胎児は臍帯で胎盤に繋がっている訳ですが、動静脈や臍腸管、尿膜管なんかが通っている関係上、通常の筋肉や筋膜で覆われる訳には行かないんですね。
生まれてくるとそれら器官は使命を終えて閉じた上に腹壁の筋膜で覆われるんですが、この腹壁筋の発達が遅いと、元々色んな管が通る為に筋膜も筋肉もない穴が残った状態になって、腹圧によって腸管が飛び出したりするのだそうです。
これが、臍ヘルニアなんだそうです。

ひどい場合にはヘルニアを起こした腸管が嵌頓(腸管がもどらなくなった状態)し、腸閉塞のような症状になる危険性があるとの事ですが、大体は1歳から1歳半くらいまでにはおよそ90%がちゃんとヘルニア門(ヘルニアの穴)が閉じるそうなので、とりあえずは様子見するのが普通のようです。

それでも一応不安なので、明日MFICUの方にチビすけを連れて行く事になりました。
まぁ、見てもらったほうが安心できますもんね。

基本的に未熟児には臍ヘルニアが多く見られるという話も聞きましたので、そう心配しないでいる事にします。

そういえば昔から、でべそにはおへそに5円玉を貼ると良いっていわれているようですが、これはあまりお勧めできないんだそうです。
まず、通気性が悪くなる事が第1、次にテープで貼ると肌荒れを起こすのが第2、そして、効果があるかどうかが分からないというのが第3の理由だそうです。
そのほかにも、下手な貼り方をすると腸管を挟んでしまって嵌頓してしまう危険性もあるという事でした。
医療機関で処置してもらう分には、そこらへん気をつけてやってくれるそうですけどね。

おへそというと、俺はずっとへその緒を切るのが下手だとでべそになるものだと思っていたのですが…。
上にも書いたとおり、生まれてすぐへその緒を通っている管類が閉塞されるんですが、へその緒に栄養が送られなくなって、乾燥して「ぽろっ」って取れるんです。
知ってました?(笑)
だから、へその緒の切り方とかは全く関係なくて「生まれつき」というのが正しいんですね。
なので、でべそだからといって病院の先生や助産士さんを恨まないでくださいね〜。

最近は、家に居ながらネットでこういう事が調べられるようになったり、他の人の体験談を読む事が出来たりと、とても便利になってきました。

でも、だからといって自己診断を過信せず、病院でちゃんと診断してもらう事も大事ですよね。

2004年10月22日
2004/10/22 03:29
「気になる製品」
By yamaj
コメント (0) | トラックバック (0)

「電車男」発売

電車男のお話はここでも何度か取り上げてる訳ですが…。

本日10月22日、とうとう本になって発売されます。

新潮社:電車男

ここからも購入できます

もういまではすっかり有名になった電車男。
ログ保存サイトでログを読み始めたら、止まらなくて仕事中であるにも関わらずどんどん読み進めていってしまうリアルラヴストーリーでしたが、クレスト表紙カバーの368ページにも及ぶ本になるんだそうです。

基本的にはログ保存サイトの内容をそのまま掲載し、一部のレスをストーリーに関係の無い範囲で修正・削除をおこなったものという事です。

それにしても、400gの本って結構な重さですよね。
それだけ大きなログだという事なんでしょうけれども。

ちなみに、お値段は1365円(税込み)です。

通勤電車の中で、あの余韻に浸りながら読むのもいいかなぁ〜(笑)

2004年10月21日

娘を思う母メール

仕事中だというのにやじうまWatchを覗きに行ってたんですが…。
そこに、こんなのが紹介されていました。

ARTIFACT ―人工事実― | 娘のためにサイトの閉鎖をお願いする母親のメール

実は俺も99年頃からオープンなチャット&掲示板サイトを開いていたのですが(まだ存在はしてますけど…)、確か1度だけ「親からのメール」ってのは受け取った事はありますね。
確か01年頃だったと思いますけど…。

基本的にメールは全て残しておく方なのですが、つい2週間前にHDDが吹っ飛んだ際にメールも消えてしまったのでどういった内容だったか確認できません。
ですが、確か「あんたんとこのチャットにうちの子供が入り浸ってる。勉強も宿題もしない。どうしてくれるんだ。」という内容だったと思います。

当時、ダイアルアップが一般的だったので単純にIPでアクセス制限掛けるわけにも行かず、判定用のクッキーを食わせてアクセス制限を掛けたことを記憶しています。
まぁ、その手の改造をしたお陰で随分とアクセス制限掛けやすくなりましたけど(笑)

さて、ここから本題。

サイト運営者からすると、「我が子の為にサイトを閉じてください」なんて話はもってのほかですよね〜。
えっちぃサイトや営利追求型出会い系サイトとかだったら、まぁ、10歩くらいで譲りますけど。
趣味であれ何であれ、自分でデザイン考えて公開して、いっぱい人が来てくれたらいいな〜なんて思いながら作ったサイトが、とりあえず人もぼちぼち集まりだした頃に「閉鎖してくれ」なんてメールが来たらそりゃ頭にもくるでしょうねぇ。

でも、パソコンはあまり触らなくて、せいぜい連絡用のメールくらいにしか使わないようなお母様だったらどんな考え方するでしょう。
子供はパソコンばっかやってるし、いくら勉強しろって言っても親の言う事には耳も傾けないし。
学校の帰りに友達と「うちの親ちょーうぜー」とか言ってるし。(ってこれは昨日俺が電車で聞いた言葉か…)
まぁ、何言っても聞いてくれないから使える手として「管理者へメール」なんて事も安易にするんじゃないですかね?
子供の本名出すあたり、ネットの知識なんかも殆ど無いような状況でしょうし、通常のネットユーザでもヘビーユーザじゃなかったら違和感もないのかもしれません。

実際、ついさっき一緒に仕事してる人と話してて、「子供がネット入りびたりでサイト管理者に閉鎖依頼だしたって話しあるんですけど、どう思います?」って聞いたら、特に違和感は無いって言ってましたしね。
ちなみに、その人はパッシブ型のネットユーザなんですけど。

ま、もっとも、メールの内容見てる限りだと、元々コミュニケーションが苦手っぽいですし、まぁ子供とのコミュニケーションもうまく行ってないんでしょうねぇ〜。

でも、こういう親って、これからどんどん増えていくと思いますよ。
学校で先生に殴られたという話に対して、何か悪い事をしたのかと聞く前に教育委員会に電話をする親って、今のご時世では山のようにいるそうですし。

個人的にむかつくのは、雨の日に傘を差しながら歩いていると、横でタクシー待ちしてる高校生がいるって事と、それを許容する親が居るってことですかね(爆)
過保護すぎるんですよ。多分。

サイトを運営していた(って、ここも運営してることになるのかな?)俺としては、そういう親が居ても別に不思議じゃないと認識しつつも、やっぱり文句は言いたくなりますけどね。

あとは、自分がそんな親にならないように気をつけるという事で…。

2004年10月20日
2004/10/20 10:11
「気になるニュース」
By yamaj
コメント (0) | トラックバック (0)

Movable Type 3.1日本語版

実はこのサイト、MT3.0のベータ版のままで、面倒くさくてアップデートしていないのですが…。

昨日Movable Type 3.1日本語版が提供開始されたらしいです。

Movable Type 日本語版サイト: Movable Type 3.1日本語版の提供を開始

3.1の主な特徴は以下の通り。

1.ダイナミックページ生成

ブログの特徴として、全てのページはスタティック(静的)に生成されているので、アクセスごとにページを作ったりする負荷が少ないのが特徴ですが、これだと記事が増えていった場合に再構築にめちゃくちゃ時間がかかります。
そこで、ダイナミック(動的)にページを生成してしまおうという機能です。
うちのようにアクセス数の少ないサイトであれば動的生成でもまず問題ないですね。

2.サブカテゴリ機能

今まではカテゴリ設定って1個だけだったんですけど、カテゴリを階層化して管理する事が可能になります。
うちの場合だと、例えば「見ました!」の下に「映画」とか「本」とか、そういうサブカテゴリが追加できそうですが…。
面倒なので設定しない可能性の方が高いかも(爆)
ちなみに、元々MTは複数カテゴリの設定が可能なつくりになっているみたいですが、エントリーの投稿時に選択できないんですよね〜。

3.記事投稿のスケジュール機能

これは便利かもしれないですね。
まだちょっと出したくないんだけど、とりあえず記事を書いておこうかなって場合、今だと「下書き」状態にしておいて、時が来たら「公開」にするという手を使ってるんですけど、スケジュール機能があると、たとえパソコンを触れない日でも投稿可能ですよね(笑)
他にも、製品の発売日を狙って記事を投稿するとか使えると思います。

さすがにそろそろベータ版じゃダメかなぁ〜とは思ってるんですけど、特に問題起きてませんし、コメントスパム対策(未公開)やら、記事投稿時の編集機能追加やらをしてるので、どうしても二の足を踏んでしまうんですよね。

まぁ、また仕事が忙しくなって現実逃避したくなったらやる気になると思うので、それまで保留という事で(爆)

2004年10月19日
2004/10/19 11:28
「気になるニュース」
By yamaj
コメント (0) | トラックバック (0)

技術の進歩はすごいもんだなぁ〜。

今使ってる携帯は今年の頭に買った200万画素カメラの付いているauの携帯なのですが…。
200万画素のカメラだと1600×1200の写真が撮れるんですよね。

でも、技術の進歩はすごいもんで、こんな記事を見つけました。

NIKKEI NET:三菱電機、400万画素の携帯電話用CCDを開発

400万画素だと、画像サイズは多分2272×1704ですか?

200万画素だと360dpiで印刷した場合11.3cm×8.5cmくらいになりますが、編集や加工なんかをするとはがきサイズにちょっと少ない感じがします。
まぁ、最近のプリンタで360dpiとかってのは少ないと思いますので、全然足りないといえば足りないのですが…。

ま、これが400dpiになると、16cm×12cmくらいのサイズになりますので、はがきサイズの印刷に丁度良い感じなんじゃないでしょうか。

それにしても、この400万画素CCDのしかもモジュールっていうくらいですから、CCD以外にコントロールチップやらレンズやらが込みで2cmちょい×1cmちょいのサイズに収まっちゃうってんですから、すごいことですよねぇ〜。
まぁ、厚さも1cmくらいあるそうなので、液晶面に埋め込むのは難しいですかね?

そういえば、1枚の液晶とライトでメインとサブの液晶を表示してしまおうっていうバックライトモジュールも出てましたね。

オムロン、メインとサブ画面を照らすライトを1つにしたモジュール

以前使っていた携帯はフロントライト型で、液晶が奥まっていて少し見づらいかなぁ?と思ったりもしましたが、特に支障なく使えていたので問題ないんでしょうねぇ〜。

日本の小型化技術ってのは本当にすごいもんだなぁ〜と思います。

そういえば、洋画なんかを見てると、巨大な携帯電話を持って話をしているのを見かける事がありますが、アメリカ人とかって大きさはそんなに気にしないんでしょうかね。
まぁ、最近の映画に出てくる携帯は流石に小さくなってますけど。

大きさを性能として認める率は日本人の方が高いのは事実ですよね。

やっぱ、人の大きさと国土の大きさの違い、なんですかねぇ〜。

2004年10月18日
2004/10/18 08:29
「気になるニュース」
By yamaj
コメント (0) | トラックバック (0)

IT用語辞典

普段使っている用語なんかでも、「それって何?」って聞かれると答えるのに困ったりするのですが…。

普段であれば辞書サイトなんかで調べたのを引用したりしてますけど、ブログなんかだと直接聞くに聞けなかったりしますよね?
そんな時に便利なプラグインが無料で使えるサービスが提供されるそうです。

Japan.internet.com Webビジネス - インセプト、ブロガー向けに関連用語集を自動生成するプラグインを提供

一番簡単なのははてなのようにキーワードがリンクになるものなんでしょうけど、さすがに形態素解析を行って、辞書引いてリンクさせるなんてMT用プラグインを書く気にもなれませんし、何よりフリーのレンタルサーバなので容量が全く足りません。

その点、このプラグインを私用すると、IT用語に関して言えば文章をスキャンしてIT用語の意味を表示してくれますから、とても便利じゃないでしょうか。

ちなみに、良く使う用語でたまに「それって何?」って聞かれるのは「デフォルト」ですかね。
「あ、お前はデフォルトでメンツに入ってるから」とか言うと「デフォルトって何〜?」って聞かれて、「え、デフォルトはデフォルト…」としか答えられなかったりするんですが(^−^;
そんな用語の意味が表示されてたら便利ですよね〜。

まぁ、最近ブログに書くのは子供の話が多くなってるので、テンプレートに貼り付けるのはしばらく見送りますが…。

って、実は面倒臭いだけだったりして(爆)

まぁ、個別ページにサイドバーを設置したりしないとダメっぽいのでレイアウトの見直し時にでも考えることにします。

でも、これって絶対便利だと思うんですよね。
IT関係の記事を良く書かれる方には設置をお勧めします。

ちなみに…
上に書いた「デフォルト」なんかは、用例としてはIT用語とは全く関係ないのですが、ちゃんと意味を教えてくれますので、IT関連記事とは関係のない記事にも有効に機能するかもしれませんよ。

試しにこのページには設置してみますね。

さてさて、どんな用語を拾ってくれるやら…。

仮設置:

2004年10月17日
2004/10/17 11:09
「CoDoMo」
By yamaj
コメント (1) | トラックバック (1)

子供との時間

買い物の途中会社の同期から「子供を連れて遊びに行っていい?」って電話がありました。
少し時間が遅かった事もあり来週にしてもらったのですが、どうやら11月から長期出張との事で来週末しか時間が無いとの事でした。

その同期、今年の頭からゴールデンウイークまでの約半年間も出張だったのですが、また来年のゴールデンウイーク付近までの半年間の出張という事で、3歳になる子供を残して出張に行かなければならない事に不満を持っているようでした。
でも、そりゃそうですよねぇ。
奥さんと子供を残しての出張は色々不安もありますし、何より子供と接する時間が減ってしまいますからね。

という訳で、子供の一生に対して父親が接する時間を概算で出してみました。

ま、色々な家庭があるので一概には言えないのですが、とりあえず、地元の小中高と卒業して近くの大学に入って、就職&独立というパターンで計算してみましょう。

まず、小学校に入る前の7年間を考えます。

平日の場合、朝はバタバタしているでしょうから1時間も子供と触れ合う時間は無いでしょう。
夜は、残業とかもあるでしょうから、大体7時に帰宅したとして、12時に寝るとすると5時間。
自分の時間などもあるでしょうから、平均して、1日4〜5時間と考えます。

休日の場合、かなりの時間を子供と一緒に過ごすとして、とりあえず12時間とします。

そうすると、1週間で48時間程度一緒にいる事になりますね。

7日間で2日間くらいという計算になりますので、7年に引き伸ばすと2年分一緒にいる計算になります。

小学校に入ると、子供も自分の事をしたがるでしょうから、次の7年間は一緒にいる時間がガクッと減ると思われます。

平日の朝ご飯を一緒に食べるとして30分、低学年の頃は9時に寝かせるとして2〜3時間程度、高学年になると、自分の時間を要求しそうですので、寝る時間が遅くなっても2〜3時間程度でしょう。
休日もかなり一緒にいる時間は減るでしょうから、土日含めて12時間程度でしょうか。

これで、1週間で24時間程度一緒にいるという事で、7年間で1年分程度一緒にいると考えられると思います。

さて、次の7年間は、中高大となる訳ですが、バイトやクラブもあるでしょうし、遊び歩く事も多くなるでしょう。

ここは、細かい計算を抜きにして、前7年間の半分として、7年間の半年程度一緒にいることにします。
これでも多いかもしれませんけどね。

さて、この次の7年となると、就職して独立する設定ですので、更に時間は減るでしょう。
ここから、42歳までは7年で1ヶ月程度としておきます。
この数値でもかなり親孝行な数字と言えると思います。

42歳になると、俺の場合83です。
日本人の現在の平均寿命は78歳くらいなので、ここらへんでお別れすることにします。

そうすると、子供が84歳まで生きた場合、今までの一緒にいる数値を足していくと、子供の一生でどれくらい父親が一緒にいられるかが分かると思います。

結果は…。

24月+12月+6月+1月×3=45月
一生を84才×12月=1008月と考えると、4.46%となります。

たったこれだけしか一緒に居られる時間は無いんですね…。

そして、小さい頃の方が一緒にいる可能性は高い訳ですから、うちの同期のように、2〜3歳で1年も一緒に居られないとすると…。
一生で10分の1近くも一緒に居られる時間が減ってしまう事になりますよね?

まぁ、文句をいったところで「仕事は選べない」とか言われてしまったらしいのでどうしようもないんでしょうけど…。

このままで行くと、俺も同じ状況になる可能性が高いのでとても心配です。

それにしても、父親と一緒にいる時間ってこれほどまでに少ないものなんですね。

2004年10月15日
2004/10/15 11:59
「気になるニュース」
By yamaj
コメント (0) | トラックバック (0)

電脳リンク

SFなんかでは良く、頚椎のあたりにジャックインして電脳世界にダイヴする(マトリックスなんかもその手?)なんてお話が良くありますが…。

動物実験なんかでそういう実験がされているのは訊いたことがありますが、実際に人体で実験されているとは知りませんでした。

スラッシュドット ジャパン | 四肢麻痺患者がBrainGateで電子メールをチェック

昔テレビで、後頭部付近にある「視覚野」に電極をつけて視覚を取り戻そうという実験の映像を見たことがあるのですが。
多分「ドーベル研究所」の話しだったと思いますが。

その時は衝撃とともに「あ、そんな簡単に脳と機械が繋がるのね」って思った記憶があります。

現在でも人工視覚は色々研究されていて、種類的にも「脳刺激型」「視神経刺激型」「Epi-網膜刺激型」「Sub-網膜刺激型」「その他」とあるそうです。
Epi、Subってのは、Epiが電気刺激タイプ、Subってのが光刺激タイプのようですね。
その他ってのは、電気ではなく、神経伝達物質(グルタミン酸とか)を使って神経細胞を叩こうって実験とからしいです。

今回は、こういった視神経を機械センサに置き換えるものではなく、逆に操作しようというものですよね。
体の運動神経が麻痺した状態の患者さんでも、脳内では体を動かそうとする電気信号が生成されていることに目をつけて、それを引っ張り出してきてコンピュータで処理させようという事らしいのですが。

これがもっと高度化してロボット技術と組み合わせたりすると、足が麻痺で動かなくなった人がまた歩けるようになったりするんですかね。

そういうのが実現に近づいたとしても、まずはパワードスーツ(?)みたいに、体を覆って動きをサポートする機械になるんでしょうけど、どんどん技術が上がって行ったりすると、それこそサイボーグとかが出来たりするんでしょうかねぇ…。

それにしても、視覚などの入力と運動神経などの出力をコンピュータと接続できるとすると、本当に電脳ダイヴとか出来そうな気になってきますよね。

あ、でも、脳のクロックって10KHzとかそういうレベルらしいんですけど、対応できるんですかね(笑)

2004年10月14日

部分日食でしたねぇ〜。

一昨日書いた通り、今日が部分日食だったのですが…。

チビすけ&カミサマの1ヶ月検診で会社は休んだのですが、診察が終わるのが遅かったので、家に帰ったのが12時過ぎでした…。

それでも、なんとか欠けてる太陽を見ることが出来ました!

デジカメでも取ってみたのですが、わかりますかね?
左上が少し欠けてるんですけど…。

ちなみに、撮影機材は少し古いデジカメ「RICHO RDC-i500」のレンズ部にモナカアイスの印刷が無い白い部分を切って貼りました。
目一杯ズームしても、画面の中心にちびっと写る程度なんですけどね…。

見る場合も同様でアイスの銀袋越しに見ました。
流石に目で見るとちゃんと欠けて見えましたよ。

でも、最大に欠けた時間帯に見ればもっとちゃんと見れたんだろうなぁ…と思うと、ちょっと残念です。

ま、1ヶ月検診は母子ともに問題なしってことで安心したのでいいんですけどね(笑)

2004年10月13日
2004/10/13 10:11
「我が家のご飯」
By yamaj
コメント (0) | トラックバック (0)

あなたは豚派?牛派?

以前紹介した「マヤヤのお料理ABC」にこんな記事がありました。

マヤヤのお料理ABC: 肉じゃがといえば…牛?豚?

あなたのお宅はどちらですか?(笑)

ちなみにうちは「豚肉派」です。

まぁ、元々実家が牛肉より豚肉の方を良く食べるからというのが根拠なんですけど、良く聞くのは「関東は豚、関西は牛」ですよね。
うちでは、肉じゃがに限らず、カレーやスキヤキなども豚肉を使います。

ちなみに、関西地方出身のうちのカミサマは、最初は「カレーといえば豚肉」「肉じゃがといえば豚肉」というのが信じられなかったようですが(笑)
今ではすっかり豚肉に慣れたようです。
ただ、「ビーフシチューが食べたい〜」と言う事はありますけどね(笑)

折角なので「関東は豚、関西は牛」が本当なのかどうか、ぐぐってみました。
すると、今回のテーマそのもののページを発見してしまいました。

方言大学/第五回:牛肉」と「豚肉」??肉じゃがの肉は牛? 豚?

この結果を見てみると、確かに「関東は豚、関西は牛」という図式が成り立つようですね。

ただ、俺が思うに情報化社会と言われる昨今にあって、レシピ紹介で「牛肉」って言われると牛肉を使う家庭が、特に若い世代では多いような気がします。
東北に関して言えば、若い人の方が年寄り家庭より牛肉の消費量が多い気がしますからね。

ついでと言っては何ですが、総務省統計局のページから地域別の肉の消費量を探し出してグラフ化してみました。

m-eat.gif

ちなみに去年のデータですので、BSEの関係で牛肉消費量が落ちてるかもしれませんが…。
うどんのだしでも、関が原を境に味が違うって言われてますけど、このグラフを見ると、東海と近畿を境目に傾向が変わっているので、肉でもこの条件が適用できそうですね(笑)
まぁ、この結果がそのまま肉じゃがの肉がどっちかっていう結果に繋がるかどうかはわかりませんが…。
なんとなく納得できる結果のような気がします。

まぁ、俺的には牛肉は高級ってイメージがあるので、安い豚肉を買うのかもしれませんけどね(爆)

関連(?)
» 私的な事ですが…: トマト

2004年10月12日
2004/10/12 10:34
「気になるニュース」
By yamaj
コメント (0) | トラックバック (0)

部分日食

横浜こども科学館/(財)横浜市青少年科学普及協会のWebページによると、今週の木曜日に部分日食が見れるそうです。

2004年10月14日の部分日食

実は日食とかって、天気が悪かったり都合が悪かったりで、小学校以来見たことがないのですが、今回は天気予報サイトで見ても天気が良さそうですし、その日はうちのカミサマ・チビすけ共に1ヶ月検診で休みをとっているので、見れる可能性が大なんですよねぇ〜。

さて、前回の日食は2002年6月11日だったので、2年ぶりの日食となる訳ですが、次に見れる日食というのは2009年なのだそうです。
という事は、久々の日食で次は5年後。
これは絶対見ないとダメでしょう。

ってことで、見える時間を調べてみました。

2004年10月14日の部分日食のページからリンクされているCalSkyというページから地域ごとの日食時間と食分を調べる事ができます。

俺の住んでいる盛岡では…。
食の開始時間が10時34分24秒50。
って、500ms単位まで出ててもねぇ(^−^;

で、最大が11時36分25秒。
北に行くほど食分が高くなるようですが、盛岡では32.686%の食が見れるそうです。
食分に関しては本業のサイトで確認してもらったほうが正確ですが、簡単に言うと、太陽の直径に対して、どれくらい食われたかの距離の比率だそうで。
面積が3割削られるという訳ではないようです。

食の終了時間は12時38分20秒30。
2時間07分のイベントのようです。

まぁ、皆様ご存知とは思いますが、太陽を直接目で見るのは危険です。
とはいっても、折角のイベントなので見てみたいですよね。
そんな時にはどうすれば良いかというと…。

ガラスをろうそくであぶって煤けさせるとか、小学校でやりましたけど、もっと簡単な方法で知っているのは「モナカアイスとかの銀色の袋」ですかね。
まぁ、それで有害な光を全てカットできるかどうか知りませんので、ご自身の判断でやって貰いたいとは思いますが。
専用のフィルタとかって多分高いですもんねぇ…。

あとは、ピンホールカメラの原理で太陽の光を映し出して見るという手もあります。
こちらは直接太陽を見るわけじゃないので安全な方法だと思います。
長い〜筒を用意して、太陽側にアルミホイルを張り、針で穴を開けて、反対側に太陽を写す事ができるそうです。

14日は結構晴れる場所が多いみたいなので、是非挑戦してみてくださいね。
くれぐれも、直射日光を見ないように…。

2004年10月11日
2004/10/11 11:44
「CoDoMo」
By yamaj
コメント (3) | トラックバック (0)

お宮参り

結局前日まで何処にお宮参りに行くか悩んだ訳ですが…。

うちのカミサマが去年のおみくじで「待ち人来る」って書いてあったのは絶対チビすけの事だ。という事で、おみくじを引いた桜山神社にお参りに行くことにしました。

うちの妹が仙台から帰ってきていたので、顔見がてらカメラマンしにきて〜と言った所、快諾してくれて、昼前にアパートにきてくれたのですが。
ちょっとゆっくりしすぎて、2時からの予定なのに「あと1時間もない〜〜!!」ってばたばた準備を始める始末(爆)
まずは、チビすけの服をよそ行きに着替えさせ、自分たちも着替えてから、チビすけにセレモニードレスを着せて…。
「あぁ〜!着物出しておけばよかった〜〜〜!!」
「おむつ、持っていかないと!!」
「帽子かぶせる?」
「脚立…じゃなくて三脚どこだっけ??」
「はらへった〜」
と、飛んだり跳ねたりしながら、とりあえず準備完了(笑)
1時35分頃、チビすけをチャイルドシートに括り付けて、いざ出発〜。

特に道が混んでいる訳ではなかったので、桜山神社までは15分くらいで到着。
社務所の方へ行くと、「受付しますのでこちらへどうぞ〜」と言われて広間に通されました。
そこで、初穂料を支払って、ついでに着物のかけ方を教わって、待機することしばし。
他に7歳の七五三が2組後から入ってきたので、もう少しゆったりしてても良かったかな〜と思いつつ…。
まとめて拝んで貰うなら、一番の方がいいや。って思って待ってました。

待つ間、少し写真を撮ったりビデオ回したりしていると、「準備が出来ましたのでこちらへどうぞ〜」との事。
妹のも含めて、銀塩カメラ2台、デジカメ1台、デジカム1台、バッグ2個、三脚、着物入れなど、荷物が多かったうちらは、必死で荷物をかき集めて祭壇へ(^−^;

どうせそう動くことはないだろうと思ってデジカムは三脚に取り付けて妹に撮影をお願いして、言われるがままに着座。
神主さんが読み上げる祝詞をじ〜っと聞いて、最後にたまぐしを奉納して、通しで20分くらいの祈祷が終了しました。
途中名前を間違えられるハプニングがありましたが、それ以外はつつがなく終了という事で。

最後に、お札、お守り、箸、御神酒、桜茶、記念写真などを貰って帰ってきました。

休み前には台風が来て雨になるって話をしてたのに、日が差すほどの天気となり、毎度の事ながらうちのチビすけの運の良さに驚きながらも、無事お宮参りを完了致しました。

前にも書いたとおり生後31日目のお宮参りの日が、祭日で、大安で、そのうえ寒すぎず、暑すぎず、直射日光にも晒されないお出かけ日和という条件も、やっぱりチビすけ効果?(笑)

って言ってる事自体が親ばかなのかなぁ…(爆)

2004年10月08日
2004/10/08 02:10
「CoDoMo」
By yamaj
コメント (2) | トラックバック (0)

ヤツが来た!!

天気予報サイトで3連休は天気が悪そうだなぁと思ってた訳ですが…。

山猫の散歩: こんな日だってあるさを見るまで、台風が接近している事なんて全然知りませんでした…。

うちのチビすけが生まれたのが9月10日なんですが、お宮参りっていうのは男の子で生後31日目、女の子で33日目に行くのが慣わしなんだそうです。

で、31日目っていうと、丁度祭日の10月11日なんですよねぇ〜。
祭日だし、大安だし、ここでもグッドタイミングのちびすけ効果か?と喜んでいた訳なのですが…。

よりによって台風通過とは…。

まぁ、通過するのは10日なのでお宮参り予定の前日なのですが、現在の進路予報では11日の午前中はまだ北海道付近にいるっぽいんですよね。

うちのチビすけ、病院から帰ってくる時以来外出したことないんですよねぇ〜。
今回お宮参りが家に帰ってきてからの初外出になるのですが、その時に雨に降られるとかなり厄介です。

お宮参りといえば…。
実は、まだ行く場所迷ってるんです…。

盛岡八幡宮にしようか、桜山神社にしようか…。

盛岡八幡宮は、岩手でも広大な敷地面積を誇る巨大神社ですし、桜山神社は毎年元朝参り(元旦の夜明け前から参って初日の出を拝む初詣)に行っているんですよね。

ちなみに、初穂料は盛岡八幡宮の方がちょっとお高め。
サービスは、桜山神社は写真サービス。
その他は、八幡宮は食器セットプレゼント、桜山神社は箸プレゼント。

なんか、神事にサービス競争論を持ち出すのはどうかとも思うのですが、やっぱりちょっと気になりますよね(^−^;
大手か中小か…。

成長を祈る気持ちには変わりないんですけどね。

2004年10月07日
2004/10/07 09:52
「気になる製品」
By yamaj
コメント (0) | トラックバック (0)

他に欲しいもの

昨日、空気清浄機を注文した訳ですが…。
実は他にも欲しいものが結構あります。

岩手では、既に最低気温が12度とかになってるんですが、チビすけがミルクを欲しがって夜鳴きする時間が丁度最低気温時付近なんですよね。
そうすると、うちのカミサマも寒い中起き出して授乳しなければいけないのですが、これからどんどん寒くなりますし、だからといって石油ストーブを夜中中付けておく訳にはいかないんですよねぇ…。

そこで、空気を汚さずにじわ〜っと暖めてくれるオイルヒーターなんてどうかな。って最近思ってます。

オイルヒーターとえば、なにやら「デロンギ」ってところが有名らしいのですが、このディジタル化が進む時代にあって、なかなかアナログチックな「デロンギの24時間電子タイマー」にはびっくりしました(笑)

どんな方式化というと…。
まず、円の外周に24×4(=15分単位)のすごく小さなトグルスイッチみたいなのがずら〜〜っと並んでいて、その中に、24時間で一周するタイマが回ってるんです。
で、スイッチをOnにしたところにタイマの矢印が来ると暖房機の電源がOnになるという仕組みです。
これって、電子式?(笑)

でもまぁ、確かに見た目でいつごろ付くのかわかりやすいといえば分かりやすいのかもしれませんねぇ〜。
何せ、1日のうちの何時頃に暖房を開始するかを96分割単位でフルプログラム可能ですからね(笑)
これを、マイコン制御でビデオの予約式にしたら、設定だけでかなりの時間がかかるでしょうから、これはこれでアリなのかもしれませんね。

一度実機でみてみると面白いかもしれませんよ。

まぁ、デロンギに拘らず他のメーカの商品なんかも探してみたんですが、他社のものだとOn/Offタイマ(○分後にOnとか)しかないのがほとんどで、時計を搭載してるもの自体が見つからないんですよね。
まぁ、サーモスタット動作とかさせて、常に同じ温度に保つようにすればいいのかもしれませんが…。

でも、そうすると電気代が恐ろしく上がりそうですけど(^−^;

あと、オイルヒーターは温まりにくいってのもあるんですよね。
例えば、同じだけの電気代を使った場合、エアコンとオイルヒーターでは温め効率は3〜4倍の違いがあります。(COP値とか参考にしてください。)
ちなみに、エアコンと石油ファンヒーターでは、燃費は5倍くらいの差で石油ファンヒーターの方が安いです。
それでも、夜つけっぱなしにするならオイルヒーターの方が安全そうですよね。

夜つけっぱなしにするとすると…。
1500wのものを夜6時間つけっぱなしにした場合、1.5kw×6h×30日=270kwh。
これを、東北電力電気料金シミュレーションで計算してみると…。
基本料金を差し引いても月々5,190円になるんですね…。
しかも、他にも電気を使ってますから、ステップ3(300kwh以上)に入り込む可能性がありますので、もっと上がるかも…。

まぁ、1500wフル稼働状態が続く訳じゃないと思いますけど、こうしてみると結構食いそうですねぇ…。

それでも、安全性や、何よりチビすけを寒さに晒さない事を考えると、仕方の無い出費なのかもしれませんが。

他の方はどうされてるのでしょうねぇ〜。
夜の赤ちゃんの寒さ対策とか、何か良い方法を知っておられる方が居ましたら教えてください。

それにしても、最近買い物欲が激しいなぁ…。

G-Style

以前紹介したフラッシュサイトの「G−Style」ですが…。

なんと!!、3歳シリーズが11月下旬に書籍(DVD付き)となって販売されるそうです。

G−STYLE

B5版サイズの本文64ページにMovie掲載のDVDが付いて1500円というお話ですが、3歳フラッシュに傾倒する俺にとっては、そんなに高い値段じゃないような…。

いあまて…。

ちょっと…高いかな…。

でも、DVD付きだし…。

という訳で、購入は販売日まで保留させてください(爆)

なお、「フルリラ」に変わるオリジナル曲も募集されていたようですが、現在は既に締め切っているようです。

ここでは取り上げませんでしたが、あの「電車男」も書籍になるようですし、なんか色々書籍化とかされるんですねぇ…。
しかし、電車男の権利ってどうなってるんでしょうね(笑)
もしかして、一銭ももらえない…?

まぁ、人の事なので何ともいえませんが。

とりあえず、この2冊は今のところ購入最有力候補ですので、期待して待つことにします(笑)

2004年10月06日
2004/10/06 08:22
「CoDoMo」
By yamaj
コメント (0) | トラックバック (0)

空気清浄機

うちのパソコンは、布団の頭の上に置いてあるんですが、増設とかするときに本体のふたを開けると、かなりほこりが固まってたりするんですよね。

まぁ、布団をばさばさするとほこりも大量に出るでしょうし、衣類関係も寝室で扱うことが多いので仕方ないといえば仕方ないのですが…。
先週からうちのチビすけもその部屋にいるので、ハウスダストやほこりがちょっと心配になってきました。

そんな訳で、空気清浄機を注文してみました。

モノはDAIKINの「ACM7D-W」です。
型落ちの為DAIKINのWebサイトには詳細情報が無かったのですが、値段の安さと静音性に惹かれてこれにしました。

いあ、本当は既に発表されている「MC756M−S(04/11/25発売予定)」とかだと最新型ですし、これからの季節にあったらいいな〜の加湿器まで付いてますし、発売を待とうかとも思ったのですが…。
多分出始めだと5万以下はありえないでしょうし、何より1ヶ月以上先の話になってしまうので、他に加湿器を買うことを考慮して今回は妥協しました。

それでも、いくら安いとはいっても「光クリエール」ですし、フィルターは(公称値)7年分のフィルタ付きですし、まぁ、低く見積もっても3年くらいは追加予算無しで使えるかな〜って思いました。
あ、あと、DAIKNといえばエアコン業界では大手ですから、そんな変なもんは出さないだろう〜。ってのもあるんですけどね。

とりあえず代引きで注文しましたので、連休明けまでには届くと思います。

はてさて、激安商品がどれだけの性能を発揮するか…。楽しみです(笑)

2004年10月05日

ライヴ配信

うちのカミサマの実家はちょっと遠くなので、当分はチビすけをだっこしてもらう事は出来ない訳ですが…。

とりあえず見てもらおうと思って、WindowsMediaエンコーダをインストールしてみました。

WindowsMediaエンコーダは、マイクロソフトが無償で提供するエンコーダソフトウェアなのですが、簡単にライヴ映像を配信できる機能がついてるのは、まぁ、有名だと思います。
今回は、このWindowsMediaエンコーダを利用してチビすけを24時間ネットライヴ部屋 ライヴ配信してみました。

MicrosoftのページからWindowsMediaエンコーダをダウンロードして、インストールしてみました。

まぁ、何事もなくインストールが完了し、次は配信用の設定を…。
詳しい設定は多分検索すれば出てくると思いますのでここでは簡単に…。

「新しいセッション」っていうウィザードウインドウが出てきますので、ここで「ライヴイベントのブロードキャスト配信」を選択してOKを押します。
デバイスオプションで「ビデオ」のみを選択して、WebCamデバイスを選択します。
今回は音声はナシってことで、オーディオデバイスは選択しません。
で、次へ行って、配信方法は「エンコーダからプル」を選択します。
メディアサーバを使うんじゃなくて、エンコーダをサーバにする場合はこっちです。
使用するポート選択は…丁度ルータに穴が開いていたポートを使用。
どんどん進んでエンコード方法は、適当に「マルチビットレート(CBR)」の300kbpsを選択。
保存ファイルはナシ。
表示情報を入力して…。
内容を確認して「完了」ボタンを押せば、すぐにでもWebCam映像のライヴ配信が可能になります。

文章で書くと長く感じますが、ウィザード形式なので、ほいほいって感じで簡単に進められますよ。

ちなみに、うちのネット接続環境は、少し時代遅れのADSL8Mなんですが、会社からライヴ配信を見た限りにおいては、結構滑らかに見ることが出来ました。

お子様の成長観察に、防犯カメラ代わりに、みなさんもいかがですか?

なお、チビすけ閲覧ご希望の方は、住所氏名年齢職業電話番号をご記入の上…(以下略)。

2004/10/05 02:45
「気になるニュース」
By yamaj
コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙旅行

以前から気にはなっていたのですが、とうとう「Ansari X Prize」の懸賞を受け取るチームが確定したようです。

今朝出社前に目覚ましテレビで見たのですが…。
とりあえず元記事としてCNET Japanのリンクを載せておきます。

スペースシップワン、2回目の飛行にも成功--賞金1000万ドルを獲得 - CNET Japan

コンテストは、高度100kmまでの飛行を2週間以内に2回達成した最初の民間機に1000万ドル(およそ11億円)支払われるというものですが、民間でしかも有人での宇宙機を作るのにいったいどれくらいのお金が必要なんでしょうねぇ…。

画像を見ると、ピギーバックライドタイプの宇宙機ですかね。
上に乗っかってるのがSpaceShipOneですよね…。
あれ?違うかな?
下の方がそう?

あ、おんぶ式じゃなくて抱っこ式なのね(^−^;
SpaceShipOneのページのギャラリー見てたら、下にぶら下がってました…。

SpaceShipOneのページを見てみると、ロケットモーターはハイブリッドモーターらしいです。
ロケットって、火を噴いて上昇する訳ですが、空気が無い状態で燃やす為の酸化剤と、推進剤が必要なんですね。
で、普通ロケットモーターは固体燃料ロケットか液体燃料ロケットです。
固体燃料ロケットは、燃料に酸化剤を混ぜたものに火を付けて飛ばす方法で、まぁ、火薬庫に火を付けて飛ぶようなものなので結構危険性が高いです。
液体燃料ロケットは、酸化剤に液体酸素、推進剤に液体水素やケロシンなんかを使って、燃焼室で燃やす方法で、安全に取り扱えますが、推力は固体ロケットより低いですし、燃調が面倒なので複雑なシステムを要します。
蛇の足ですが、液体酸素と液体水素を利用したロケットのことを「液酸液水形ロケット」とか言ったりもします。

で、このSpaceShipOneのハイブリッドモーターってのは…。
酸化剤に酸化窒素、推進剤に水素終端化したポリブタジエンを使うのだそうで、最初から酸化剤を混ぜるのではなく、後から酸化剤をぶち込む形なので、液体ロケットのような安全性を確保した固体ロケット寄りのロケットモーターって事になるようです。
酸化剤も、自分が気化する圧力で燃焼室に送られるために、ターボモーターなんてのもいらないそうですから、簡略化とユニット化が計れるってのは、さすが商人ロケットですね(笑)

商人ロケットといえば…。
全然話は変わりますが、テレビCMで「町工場のおっちゃんたちの夢」っていううたい文句で「まいど1号」っていう衛星を打ち上げようって話がありますよね〜。
中小企業が集まる"モノづくりのまち"として知られる東大阪市の職人さんや学生さんが2005年度を目標に「東大阪宇宙開発協同組合」を設立して、人工衛星をうちあげようって話は、とても夢があっていいですよねぇ…。
あのCM,最初に見たときには「ほんまかいな」と思いつつ、ちょっと感動したりもしたもんです。

SpaceShipOneを使った宇宙旅行が2007年から計画されてるようですが…。
1回2200万だそうで…。

いきてるうちに、庶民レベルの値段になるといいですけど…。

空を凌(こ)えると名付けた我が息子の時代には、宇宙旅行が現実のモノになってるといいですねぇ〜。

追記:
「水素終端化したポリブタジエンって何よ?」って、院卒で現在酪農家で、もうすぐ1児の母になるという友達に聞いてみたところ…。

ブタジエンってことは、二重結合があって、その二重結合を切って、隣のブタジエン同士でてをつなぐのがポリブタジエンだろうから、その端を水素でうめるのだと思う〜
C=C C=C C=C C=C

H―C―C―C―C―C―C―C―C―H
ってイメージでわかる?
絶対正解じゃないけど、たぶんこんなんだと…
今外だから〜
だそうです。
わかります?(笑)

2004年10月04日

ゼブラーマン

俺はVシネとかは全然見ないんですけど、この作品だけは公開前から非常に興味があって、レンタル開始翌日に借りてダビング(私的利用の範囲内です)してたんですが…。
うちのカミサマが入院中だったために、見るのを封印してたんですよね(笑)

最近うちのチビすけも退院して生活的にも落ち着いてきたので、早速見ることにしました。

特にヒーローモノが好きな訳じゃないですけど、そこら辺のヒーローモノとは違いますし。
俺的には最後がすっきりしてさえくれれば「いい映画」ですから(爆)

見始めからの感想は、「良くも悪くも日本映画」って感じですかねぇ〜。

でも、俺的にはこういう映画好きですよ(笑)
もう少し現実的な戦い方をするのだと思ってましたけど、渡部篤郎と哀川翔や鈴木京香の掛け合いなんかも面白く見れましたし。

ただ、子供たちがあの後どうなったのかなぁ?とか、ちょっと気になる部分はありましたけどね。

でも、教え子なのに「浅野さん」ってさん付けして呼んだりする部分はなかなか…。

結構見ても損は無い映画かと思いましたよ。
皆さんも先入観を捨てて見てみてはいかがでしょうか(笑)

現代の家では肩身の狭いお父さん方への応援映画という事で。

2004年10月03日

写真館併設

写真を公開するCGIを探していたんですが、よさげなものがあったのでさっそくインストールしてみました。

私的写真館

Coppermine Photo Gallery」っていうPHPベースの写真公開ソフトで、マルチユーザ対応なんですけど、今回はただ単に写真公開という事で面倒な事はせずにそのまま設置してみました。

インストール方法はとても簡単で、FTPでアップロードして、「albums」以下のフォルダだけを属性「777」に変更して「install.php」を実行します。

あとは、サーバの環境に合わせて必要項目を入力して、インストールを続行すれば完成です(笑)

すべてがPHPで書かれているので、MovableTypeのようにテンプレートをいじると見た目を変更出来るとかいう訳ではないのですが、はじめからいくつかのテンプレートが用意されているので、とりあえず無難なものを選択しました(笑)

ブログの左側にも「写真館」っていうリンクを用意していますので、写真にコメントでもつけてもらえるとうれしいです(笑)

親ばか以外の写真も増やしたいと思っていますが…。
糖分旅行とか出来ないので、まぁせいぜい出張中に見に行った場所とかになるでしょうけど。
まぁ、webエリアの許す限り載せていきたいと思います。

って、既に容量6割使ってるんで、やばいんですが…(汗)

2004年10月02日
2004/10/02 09:04
「CoDoMo」
By yamaj
コメント (0) | トラックバック (0)

体重計

以前予約した体重計を借りに行ってきました。

水曜日にちゃんと電話したんですけど、お店の方に行くとどうやら予約書類が無くなってたらしく…(−−;
再度申込用紙に記入しました。

まぁ、商品があったからいいんですけどね。


さてさて、家に帰ってさっそく電源を投入してみました。

通常は秤皿の上にバスタオルとかをかぶせると思うんですが、電源投入時に秤皿の上にのっている重量を含めてゼロとするらしいので、タオルはかけっぱなしでOKのようですね。
まぁあとから乗せても、電源Onボタンが風袋引きボタンになっていますので、操作は至極簡単です。

その他の機能としては、授乳前の体重を記憶しておき、授乳後の体重計測時に「授乳量」ボタンを押すと授乳量が表示されるものがありました。
これが結構便利なんですよね。
チビすけが直哺でもしっかり飲んでる事がわかりましたしね(笑)

で、現在のチビすけの体重ですが…。
風呂入れるときに計ろうと思ってたんですが、すっかり忘れて服を着せてしまいました(^−^;

今度は風呂入れる時に忘れないように計りたいと思います(笑)