« 納豆チャーハン | メイン | しゅれっく2 »

2004/11/17 03:42
気になるニュース
By yamaj

そんなバナナ!(寒っ!)

最近出張の帰りに「東京ばな奈」を買って帰る事が良くあるのですが…。

そんなバナナ好きのカミサマにショックなニュースがありました。

バナナも「アレルギーの恐れ」 厚労省が使用表示を推奨 - asahi.com : 経済

バナナといえば、栄養がバランスよく含まれている事が知られていますが、1997年には帝京大学が「第56回日本癌学会」において「バナナには免疫力を高める成分が豊富に含まれており、癌の治癒効果がある」と発表もしていますね。
うちでも、カミサマのおやつ代わりにバナナが常備されています。

バナナの歴史は案外浅く、本格的に輸入が開始されたのは明治36年(1903年)頃で、台湾から運んできていたのだそうです。
まぁ、その頃の台湾は日本領だった訳ですけど。
その後、戦争が始まるとほとんど輸入されない状態が続き、昭和25年(1950年)に日本・台湾間で通商協定が結ばれたのをきっかけに輸入が再開されたそうです。
「昔はバナナは高級品でねぇ〜…」という話を聞きますが、この頃の事らしいです。
何せバナナ1kgが1000円(当時の月収平均が1万円くらい)だったそうですから。

それにしても、バナナでアレルギーを引き起こすなんて話は本当にびっくりですよね。
アレルギーっていうのは、体にとって異物であるもの(抗原またはアレルゲン)が進入した時に、それに対抗するもの(抗体)を作って、抗原を排除するのですが、これが過剰に反応して防御範囲を逸脱した場合に起こるものです。
食物アレルギーだと、大体何らかのたんぱく質に異常反応するらしいです。

今回、バナナのどんなたんぱく質がアレルゲンになるのかは分かっていないとの事ですが、アレルギーって、つい最近もハムスターに噛まれてアナフィラキシーショックで亡くなったという話もあるので、怖いですよねぇ〜。

今現在アレルギー表示を義務付けられている品目は「卵・乳・小麦・そば・落花生」です。
まぁ、他にも「表示したほうがいいよ〜」っていう品目には「あわび、いか、いくら、えび、オレンジ、かに、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン」の19品目があるんですけどね。

こうしてみると、普段食べているものが多いので、「え、こんなものが?」って思いますけどね。

まぁ、自分が何のアレルギーかをしっかり把握して気をつけて生活しろ。という事なのですかね。

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.exec.to/mt/mt-tb.cgi/158
(クリックすると、クリップボードにコピーするかもしれません)
コメント
コメントしてください




保存しますか?