« ネスカフェ「スパークリングコーヒー」。 | メイン | 明石海峡初夏景色。 »

2006/06/01 12:32
CoDoMo
By yamaj

初対面。

次男が生まれてから既に半月が経っている訳ですが…。

金銭的理由から先延ばしにされていた初対面がようやく実現しました。

といっても、実際の初対面は昨日なんですけどねw

長男は「これでもか!」っていうくらい俺似だったのですが、次男はどちらかというとカミサマ系の家系顔ですね。
というか、カミサマのお父さんに似てるかも。
似ているといえば、ふとした表情が「柳葉敏郎」に似ている事があって面白いですw
他の人には「長男の小さい頃とそっくり」って言われますけど、俺的にはあまり似てない気もするんですけどねぇ〜。

それにしても、二人目だから…なのでしょうか。
どうも扱いがぞんざいになっている気がしなくもないです(^−^;
多分しっかりしているから、という理由もあるのでしょうけれど、久々の新生児でもおっかなびっくりという事も無く普通に抱っこしたり出来ました。

生まれて3週間目なのですが、既に結構視力があるのか近くを歩くと目で追ったりしますし、オムツ替えの時の足の力が長男の比ではありません。
これが在胎2週間の差、なのか、個体差なのかわからないんですけど、とりあえず元気な事には違いないですねw

ちょ〜っと気になったのが、右足が黒い事ですが…。(写真では分かりづらいですが)
どうも蒙古斑らしい、という事でした。
痣というと他にも色々種類があるようで、治療の必要な種類もあるみたいですが、産婦人科で何も言われてないので多分蒙古斑なんでしょう。

蒙古斑っていうのは、胎児期のメラノサイト(メラニンを作る細胞)が皮膚の深いところに残る現象で、黄色人種ではほぼ100%に見られるあざの事…って説明するまでもなく皆さん知ってるくらい有名なものですよね。
で、この蒙古斑、普通はお尻とか少し大きくても背中の方までに出るのが普通なのですが、それ以外(顔・四肢・胴部など)に出る事が稀にあるそうです。
そして、通常の場所(臀部等)以外で見られる蒙古斑という事で「異所性蒙古斑」というのだそうです。

異所性蒙古斑は消えにくいものらしいので後々どうなるか少し心配ですが、多分病院に行っても「様子見」という事になるんだろうと思います。
殆どの場合、小学校にあがるくらいまでには消えるそうですが、それでもひどいようならちょっと考えなければならないかもしれませんね。

ま、それ以外は健康そうでしたので大丈夫だとは思うんですけどねw

それにしても、長男は赤ちゃん返り…とまではいきませんがかなり甘えたになってます(^−^;
これで家に帰ってきたら、昼間はカミサマ一人で二人を見なければいけないでしょうし、色々大変でしょうねぇ…。
俺も今のようにゲーム三昧、なんて事もできないでしょうし(爆)

帰ってくるのは7月頭。
それまでに…家を片付けないと(爆)

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.exec.to/mt/mt-tb.cgi/217
(クリックすると、クリップボードにコピーするかもしれません)
コメント

おかえり〜?
次男君に会ってきたのね。
ってか、うちの姫も手に異所性蒙古斑あるよん。そんなに濃くないので、大きくなれば皮膚も伸びるし、消えるだろうと信じて気にした事無いけど(爆)
7月頭には帰ってくるのね〜みんな。φ(。。)
帰ってくるの楽しみだなぁ〜♪

» 投稿者 まい♪ : 2006年06月07日 16:40

下の子は、お尻に蒙古斑ほとんど無いんだよね〜。
消えてくれればいいんだけど…。

» 投稿者 やまじ : 2006年07月31日 13:36
コメントしてください




保存しますか?