« AVR熱再来。 | メイン | ガーバーファイルとの格闘。 »

2010/07/13 08:30
マイコン
By yamaj

もう2種類作ったよ。

次回予告をしたにも関わらず、タイトルが違う訳ですが…。

折角基板を発注するので、他にも基板を作ってみました。

まず一つ目は、「BASEBOARD」と呼んでいる前回の基板と内容は殆ど一緒の基板。
何が違うかというと、ケースを意識していない所ですかね。

名前を「OTTE」といいます。
見て貰えれば分かるとおり、折れます。
まぁ、後付けで「1ボードでテスト、折って2ボードにして組み込み」という事で「One:Test, Two:Embed」の頭文字、という事にしておいてくださいw

ST1602B系のLCDにサイズを合わせて(はみ出すけど…)ありますので、スタッキングして使います。
例えば、アクリル、LCD、CPU部、ユニバーサル部、アクリルとかのように、アクリルでサンドしてやれば、ケースを使わなくてもまぁまぁ見た目的にまともになるかなーとか、そういう魂胆があります。

その他に違う点は、FT232RLがユニットではなくICを直に使います。
SSOPが半田付け出来るかが焦点になりますな。


そして二つ目。
こちらはひねった名前ではなくて「EXIO」。
シリアルEEPROMのI2C版とRTCモジュール(秋月のI-00233)のアイノコのピン配列にした拡張I/Oです。

シリアルEEPROMとの違いは3番ピンが出力になってる点。
これはRTCモジュールに合わせて割り込み出力です。
RTCの場合はアラーム出力、EXIOの場合は状変出力になります。

BASEBOARDもOTTEもI2C用ICソケットを積んでいますが、3番ピンをグランドから切り離してジャンパー線を張れるようにしてるのは、こいつ(&RTC)を使うためです。

こちらはTSSOPなので、パッドがさらに小さくなってます。
実物を乗せていない(入手すらしてないけど…)ので、パッドサイズが合ってるかどうか…。


という訳で、面付け発注になりますねぇ。
PCBCARTで面付け発注したっていう記事が殆ど見つからないので不安なんですが…。
あ、あと語学力も致命的なのでそっちも不安…。

さらに、今回は3枚のEAGLEファイル(BRD)を送ってみようと考えています。
検索してもこんな事をやってるよ、って記事を残してる人が居ないんですよねぇ。居るとは思うんだけど…。

さて、そんな訳で、面付け用の絵を描いてきます。

…英語出来る人探して来なきゃ…。

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.exec.to/mt/mt-tb.cgi/243
(クリックすると、クリップボードにコピーするかもしれません)
コメント
コメントしてください




保存しますか?